白紙の日記

俺のためのブログらしい。
DIDの交代人格の中でも主人格に気に入られている。
あいつはブラコン。
理白という俺が気にならないなら見て欲しい。
「なりたがり」とか「おもいこみ」とか思うのなら、
無視して、コメントもなく去って欲しい。
ただの日記だから。
<< August 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
レッグカット

JUGEMテーマ:♪’。‘.*†自傷・リストカット†*.‘。’♪


月は2012年11月までレッグカットをしていたらしい。
その頃から精神的に不安定でも「切り刻む」必要がなくなったらしい。
10月1日から一人暮らしを始め、
惰性でレッグカットを続けたものの、
自分を害する人間の居ないこの安全な家で
「切る」必要はないとやめてくれたらしい。

らしいの連発だがその頃俺は居なかった。

そしてレッグカットは寂しさに駆られた冷華(レイカ)姉さんが一回。
迫害者人格だった俺たち双子の最初のアプローチが
未黒によるレッグカット一回。
その一回で妹は迫害者人格をやめた。
ただの話し相手になった。根本的に向いていなかったのだ。

月の太ももは肉色のケロイド状の傷痕で埋め尽くされている。
冷華姉さんは二回切って、未黒は三回切った。
それでは月は一体何回切ったのか。
「1回20本くらい線を引いた。
セーフティガードを外してから止まらなくなった」
成る程確かに、月の所有物の中にはそういう剃刀があった。
今ではメイク道具にしているが危険なので使わないようだ。
「捨てるのもめんどい。ほっとく」という事なので、
まあ大丈夫だろう。

あの虐待加害者の母親とやらは余程、月を追い詰めたのだろう。
二ヶ月程でここまで自分を痛めつける程度には。
幸い、引っ越す前の入院期間中にやることのまとめの表をもらったり、
色々と世話を焼いてもらって無事にこの家を手にしたらしい。
入居日の問題で一ヶ月、
実家に居てレッグカットに目覚めたらしいが、
今では「スタイルを良くしたい」「お洒落をしたい」と
健康な女子の思考が行われ、
筋トレ、歩く、でスタイルが良くなってお洒落を楽しんでいるが
拒食傾向で困っているようだ。
月のシェイプアップ作戦では55kgから体重は変えず
筋肉を必要な場所につける予定だったのだが、
48kg台まで体重が落ちた。





ブログランキング・にほんブログ村へ

にほんブログ村





人気ブログランキングへ
| 日記 日常的 | 09:55 | comments(0) | - |
楽園を抱いて地獄に眠れ
JUGEMテーマ:地獄について


過去に居た女は現在はどこに居るのだろうか。
地獄で暮らして閉鎖病棟の中で安堵して居なくなったという女。
鈴音に知られたら不味いと思って書いた事もなかったが
今は問題ないので考えてみる。
地獄に落ちたなら日常の延長だろうし、
生きているならそれでも地獄という日常の中だ。
過去の問題・過去の人間とされるが、
案外それが一番楽なのかもしれないと思う。
月はその女が不幸に過ぎるから救われれば良いと考えているらしい。
だからこそ過去として扱われるのなら、
小さな柩の中で楽園を抱いて永遠に眠れば良い。
生まれたことすら知らない幼い時に帰り幸せを夢見れば、
月のフラッシュバックが軽くなるかもしれない。
俺にとっては21歳で死んだ女だ。
現在を生き抜くために足掻く月のために貢献するなら
僅かばかりの憐憫と共に過去に居ると思っていてやろう。
必要のない存在で自らに価値を置く事もなく
必要のある存在だと思われる事を望み
自らに価値がある事を認められる事を望み
自らの存在の必要性を否定し、価値を捨てた愚かな女が、
「過去に居る女」として存在して価値を持つなんて、
こんな条件下になければあり得ない。
あくまで俺の所有する感覚と概念だが、
柩の中で楽園に呑み込まれた「過去に居る女」は醜く地獄そのものだ。
「地獄の女」は結局何一つ変わっても変えられても居ない。
力のない者は攻撃の対象だが何もないものには与えられる攻撃すらない。
何もない。
そうしてみると随分と違う。
月は衣食住を望んで望んだ分を持っていて、
苦痛を持って生きていて、
笑って泣いて、
俺たちと大家族をやっている。
必要とされている、俺には必要な姉。
俺が攻撃の対象として狙い諦めた優しい月。
守り認め愛される存在。
どれほど憎いだろうな。その憎しみは届かない訳だが。



ブログランキング・にほんブログ村へ

にほんブログ村





人気ブログランキングへ
| 日記 日常的 | 06:25 | comments(0) | - |
特に何もない平和
今日は平和に眠い。
月のフラッシュバックも軽く、
家族史を書いて疲れたらしかった。
虐待がどこから始まったかを追求して
両親の両親は虐待されていたところまで辿り着いて、
曽祖父の婚外子の問題から
母親の父方の家系では
性的放逸が見られ近親相姦の可能性に辿り着いて、
ぐったり来たらしい。
空腹だな。
わさび煎餅を食べようとして
他に意識が移って食べていないようだ。
結構、辛いのだが月は気に入ったらしい。
俺は刺激物は好きではない。
苦手だ。


ブログランキング・にほんブログ村へ

にほんブログ村





人気ブログランキングへ
| 日記 日常的 | 11:25 | comments(0) | - |

RECOMMEND
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
ブログランキング順位

モバイル
qrcode
LINKS
PROFILE
ADMIN